インタビュー|有限会社東田鉄工

インタビュー

あなたのモットーは?「バランス」

Interview01

技術を磨くほどに自信が持てるから楽しくなる

タンクローリーの製造において、完璧な製品作りには確かな溶接技術が必要です。様々な危険物を輸送するタンクローリーにおいて液漏れは絶対に許されません。そのため、頑丈な溶接であることはもちろん、見た目においても丁寧で綺麗な溶接を心がけています。

日々の仕事の中で技術を磨き、成果物が評価してもらえた時の喜びは大きく、自身の成長を感じることができます。一社一様のタンクローリー製造に真摯に取り組み、誇りを持って製品を仕上げることがお客様の信頼を得ることに繋がっていると思います。

image

チャレンジを応援してもらえる環境

弊社では溶接作業をはじめとする現場仕事が初心者であることは珍しいことでなく、自身も経験がありませんでした。

そんな環境だからこそ、諸先輩方や班長が親身なってサポートしてくれます。未経験者から努力を続けて班長になった先輩もいるほどです。

失敗も経験の一環であり、そこから学びを得ることで自信がつき成長につながると考えています。資格取得に積極的で会社からのサポートもあり、自身の仕事の領域を広げ知識を深めることができています。

image
あなたのモットーは?「やってみる」

Interview02

良い段取りが良いタンクローリーをつくる

タンクローリーの完成までには多くの部署が関わるため連携が不可欠です。

資材課は製造と設計のサポート的役割が多く、両者の間に位置し仕事の段取りの大部分を任される「関節」的な役割を担っていると思っています。工程が円滑に進むように日々走り回っています。

まだまだ未熟な部分もありますが先輩や他部門の方々のサポートのもと課題に向き合い、各部署との会話を大切にして良い段取りができるように日々努力しています。連携を通じて効率的に作業を進め、品質の高いタンクローリー製造に関わりたいと思います。

image

資格取得が自信につながる

東田鉄工では、資格取得に積極的でサポートを受けることができます。
溶接の評価試験やクレーン作業、玉掛け、フォークリフトの講習など、しっかりと技術を身につけることができます。私自身も入社後すぐにクレーン作業の資格を取得することができました。

まったくの経験がなくても正確な知識と技術を身につけることができました。特に、実際の作業現場での経験を積むことができる点が魅力的で、自信を持って仕事に取り組むことができるようになりました。

image
あなたのモットーは?「探求心」

Interview03

アイデアがカタチになる

設計の醍醐味は、自分のアイデアが実現し製品としてカタチになることです。タンクローリーはもちろんですが、様々な部品も1から設計し具現化させることが可能です。

質の高いもの作りには緻密で分かりやすい丁寧な図面とそれを具現化させる高度な技術力が必要です。
その一端を担う設計の仕事はとても重要だと感じています。

街中で「HIGASHIDA」のマークをつけたタンクローリーが走っている姿を見ると仕事を誇らしく感じると同時に達成感を得ることができます。

image

充実した生活が仕事につながる

東田鉄工では、ゴルフ、釣り、ラジコン、スポーツ観戦など多様な趣味を持つ従業員が働いています。年に数回ですが各自で集まりゴルフコンペや沖に出て釣りを楽しんでいます。

質の高い仕事をするためには、心身ともに健康で充実した日々を送ることが必要不可欠な要素だと思っています。

プライベートにおける仕事仲間との交流は、連帯感を強め協力して仕事に取り組む職場環境づくりの一助になっていると感じています。

image
トップへ戻る